CT

大阪市天王寺区・上本町駅
三谷歯科医院の顕微鏡(マイクロスコープ)、CTを用いた精密診療

 

2345H-1.jpg

ライカ製歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)とは?

人間の肉眼ではなかなか見ることができない細かい部位を最大40倍程度まで拡大して診ることができる装置です。

歯科治療は非常に細かい世界ですので、肉眼のみに頼って治療することに限りがあります。
このようにマイクロスコープは治療に欠かせない道具になっているのですが日本での普及率はたったの10%程度、まだまだ普及が進んでいるとはいえない状況です。

当院では拡大視野で観察しながら精密な治療が出来る為に主に根管治療で用いられることが多い(いままで肉眼で見えなかった感染源を徹底的に除去できるため根管治療の成功率がかなり高くなります)のですが、根管治療以外にも様々な場面で活用しております。
たとえば破折の確認、かぶせの適合具合、虫歯治療、歯周病など多岐に渡って使用しております。この器具を使うことでむし歯の取り残しを防いだり、かぶせ物の適合具合などを目で確認することができるため精度の高い治療を行うことができます。

肉眼で見た場合
(歯の中の根管1つに見えますが)

倍率25倍
(これでみるともう一つ見えてきて)

倍率40倍
(根管が二つありその間もつながっているイスムスが見られます。)肉眼では正直見えないと思います。

徹底的な無菌的治療をめざすため (ラバーダム防湿) 

当院では根管治療を行う際、治療中新たに細菌を入れないため、使用する器具の滅菌はもちろんのこと治療中に唾液中の細菌からの感染を防ぐためこのようなゴムのシートをかぶせてその歯の周囲から新たな細菌を入れない対策をしております。
外科でお腹の手術をする際、周囲を消毒した後布をかぶせるのと同じです。

マイクロスコープ、CTと併用することで根管治療の成功率が飛躍的に高くなります

 

2345H-7.jpg

CT 朝日レントゲン SOLIO X

今までの2Dレントゲンでは把握できなかったことがCTの精密な3D画像より診断の精度が大幅にアップし、より安全・正確に治療を行うことができます。
(三次元的な骨欠損、神経の位置などを把握できるようになります。) (2018年導入)

 

 

2345H-5.jpg

むし歯のリスクを伝える唾液検査キット

患者さん一人ひとり異なるカリエスリスク(むし歯のなりやすさ)。
デントカルトを使えば、リスクファクターである、ミュータンス連鎖球菌や、ラクトバチラス菌、唾液分泌速度、唾液緩衝能がわかり、最適な予防プランの目安になります(保険外診療)

 

2345H-6.jpg

リグロス

新しい歯周再生療法 これまで重度の歯周病にかかってしまった場合、抜歯するしか方法はありませんでした。近年、再生療法という周囲の歯周組織や骨を再生させる薬を併用した施術により、歯を保存できる時代となりましたが、保険診療外でした。

ところが2018年、世界ではじめての歯周組織再生剤『リグロス』が保険適用として日本で承認認可され保険での歯周再生療法が可能となりました。この薬を併用した手術を行うことでより多くの歯を保存できる可能性がでてきました。(ただしすべてのケースにおいて有効というわけではありません。)